目のクマの原因と治し方まとめ

目のクマには3タイプある!目のクマの原因と治し方まとめ

目のクマには3タイプある!目のクマの原因と治し方まとめ

 

 

鏡を見ると、目のクマがくっきり!

 

 

クマがあると「なんか疲れてる?」って言われたり、

 

 

メイクも決まらなかったりしますよね。

 

 

老けてみえることもあるし…。

 

 

クマがなかなか治らなくて、ほとんど諦めてるという人も多いのではないでしょうか?

 

 

私もそんな1人でした。

 

 

このサイトでは、クマの原因から治し方、おすすめの化粧品などなど、幅広くご紹介しています^^b

 

 

クマを解消して、一緒にハツラツとした顔を取り戻しましょう!

 

 

 

<目次>(クリックでジャンプします)

 

目のクマには3タイプあった!あなたはどれ?

 

茶クマ
茶クマを解消する方法

 

黒クマ
黒クマを解消する方法

 

青クマ
青クマを解消する方法

 

クマ解消におすすめの化粧品ランキング

 

まとめ

 

当サイトのおすすめページ

 

 

 

目のクマには3タイプあった!あなたはどれ?

 

 

「目のクマ」といっても、いくつかタイプがあることをご存知ですか?

 

 

タイプによって原因も解消方法も違ってきますので、

 

 

自分のクマがどのタイプなのかをまずセルフチェックしてみましょう!

 

 

 

茶クマ

 

茶クマは、シミのように色素沈着しているクマです。

 

 

目元はメラノサイトが活発な場所なので、紫外線や目をこする癖、摩擦になるスキンケアなどによって色素が沈着してしまったことが原因です。

 

 

鏡を用意して、目の下(目尻側)に指をあてて外側に軽く引っぱってみてください。

 

 

引っぱるとクマが薄くなるようなら青クマ、ならないなら茶クマの可能性が高いです。

 

 

 

茶クマを解消する方法

 

茶クマを解消するには、シミと同じスキンケアをするのがベストです。

 

 

ビタミンC誘導体などの美白作用のある化粧品で1年中ケアして、目元にメラニンが定着しないようにしましょう。

 

 

紫外線は年中出ているので、美白化粧品を1年中使うのがポイントです。

 

 

また、目元に古い角質が溜まって茶色く見えている可能性もあるので、ピーリングを取りいれるのもおすすめです。

 

 

(ピーリングは、肌の表面に残っている古い角質を取り除くスキンケアです)

 

 

ピーリングをすると肌の代謝が良くなるので、色素が定着しにくくなります。

 

 

また、肌のコラーゲン生成が活発になるので肌のハリ・弾力もアップします。

 

 

週に1〜2回程度取り入れてみましょう。

 

 

まとめると、茶クマが気になる人は

 

・美白用化粧品(ビタミンC誘導体など)でケア
・ピーリングを取りいれる

 

 

この2つのケアをがんばりましょう。

 

 

 

黒クマ

 

黒クマは、加齢やむくみによって目元の皮膚がたるみ、影になってできたクマです。

 

 

加齢によって皮膚のハリ・弾力や表情筋が衰えるとできてしまいますが、むくみが原因でできることもあります。

 

 

むくみはたるみを作ってしまいますからね。

 

 

1度、手鏡で顔を見ながら上を向いてみてください。

 

 

上を向くとクマが薄くなる人は黒クマです。上を向くとたるみが解消されるので。

 

 

たるみが原因でできているクマ(黒クマ)かどうかをチェックしてみましょう。

 

 

 

黒クマの解消方法

 

黒クマを解消するには、むくみ予防&たるみを引き締めるスキンケアをするのがベストです。

 

 

むくみを予防するには、塩分の多い食事は控えて体をこまめに動かすようにしましょう。

 

 

特にデスクワークが多い人や、普段からあまり動かないという人は全身の血流が滞りやすくなるので、休憩時間にスクワットしたり首をぐるぐるまわすなどして対策しましょう。

 

 

たるみを解消するには、下記の3つのケアが効果的です。

 

・ピーリング
・レチノールやビタミンC誘導体でケア
・表情筋を鍛える

 

 

ピーリングは茶クマの項目↑でも言った通り、肌の代謝を高めてハリ・弾力をアップさせ、たるんでしぼんだ肌をふっくらさせてくれます。

 

 

「レチノール」や「ビタミンC誘導体」は肌のコラーゲンを増やしてくれる有効成分です。

 

 

これらが配合されている化粧品でケアすることで、肌のコラーゲン生成が促されてハリ・弾力がアップし、たるみの解消になります。

 

 

また、筋肉の衰えもたるみの原因になるので、表情筋の筋トレも一緒にしていきましょう☆

 

 

目元のたるみを引き締めるには、「眼輪筋」という、目の周りをぐるっと囲んでいる筋肉を鍛えると効果的です!

 

 

まぶしい時のように、まぶたを閉じる寸前で止めて15秒以上キープし、まぶたがプルプルするのを感じましょう。

 

 

筋肉が使われているのを意識しながらやると、エクササイズの効果がアップします☆

 

 

両目を一気にやっても良いですし、片方ずつでもOKです。

 

 

両目15秒キープで1セットとして、これを1日に3セット行ってください。

 

 

目元の筋肉が強くなってたるみの解消になるだけでなく、将来のシワ予防にもつながります^^b

 

 

 

 

青クマ

 

 

青クマは、睡眠不足や冷え、パソコンやスマホ等のやりすぎで目元の血流が悪くなるとできるクマです。

 

 

徹夜明けの時や、朝は無かったのに夕方になるとくっきりできるようなクマは青クマの可能性が高いです。

 

 

目元は皮膚がとっても薄いので、血流が滞ると青黒く透けてみえてしまうんですね。

 

 

鏡を用意して、目の下(目尻側)に指をあてて外側に軽く引っぱってみてください。

 

 

引っぱるとクマが薄くなるようなら青クマ、ならないなら茶クマです。

 

 

 

青クマの解消方法

 

青クマを解消するベストの方法は、「血流を促す」ことですね。

 

 

パソコンやスマホ、タブレットなどをよく見る人などは目元の筋肉を酷使するため、血流が滞りやすくなります。

 

 

ホットアイマスクやホットタオルを活用して、目元の血流を促しましょう。

 

 

こまめに目元を休めるようにしたり、目にいい成分(アントシアニンやルテインなど)が配合されているサプリを飲むのも良いですね。

 

 

毎日がんばっている目元をいたわって、クマ解消につなげましょう。

 

 

また、冷えも血流を滞らせてしまうので、青クマの原因になります。

 

 

夏でも毎日ゆっくりお風呂に浸かるようにしたり、体を温める食べ物(ショウガ、ニンニク、唐辛子など)を食べたりして温活をがんばりましょう。

 

 

体温をあげることで冷えにくくなるので、冷えによる青クマも出来にくくなりますよ。

 

 

また、肩や首がこっていると頭部への血流がわるくなるので、クマができやすくなってしまいます。

 

 

運動を習慣にしたり、空き時間にこまめに体を動かすようにして肩と首のコリを解消しましょう。

 

 

両手を体の後ろで組んで、グーッと真後ろに引っ張ると肩甲骨がほぐれるのでやってみてください。

 

 

トイレに行ったときに首をぐるぐる回すだけでも良いので、とにかくこまめに体を動かすようにしてみてくださいね☆

 

 

 

青クマを解消するポイント:

 

・ホットアイマスクや目にいいサプリで目をいたわる
・お風呂に毎日浸かる、体をあたためる食べ物で温活をがんばる
・こまめに体を動かして肩と首のコリを解消

 

 

クマ解消におすすめの化粧品ランキング

 

 

※現在制作中

 

 

 

 

まとめ

 

自分のクマがどのタイプかチェックできましたか?

 

 

1つのタイプだけに当てはまる人もいれば、いくつかのタイプのクマが組み合わさっている人もいます。

 

 

(ex.たるみによる黒クマ+睡眠不足で青クマも一緒にできてしまうなど)

 

 

クマを鏡でよ〜く観察して、自分の生活ぶりをふり返ってみましょう。

 

 

何が原因なのかを突き止めることであなたのクマはグッと改善しやすくなります。

 

 

クマがなかなか消えなくてもあきらめないで、一緒にお手入れをがんばりましょう^^b 

 

 

 

 

当サイトのおすすめページ:

 

当サイトのおすすめページをまとめてみました!クリックしてぜひご覧ください♪

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ