目のクマの原因と治し方まとめ

目のクマはメイクで隠す!3つのポイント

目のクマはメイクで隠す!3つのポイント

 

 

目のクマがなかなか消えない時は、メイクでカバーしましょう。

 

 

どんなにお手入れをがんばってても、睡眠不足や眼精疲労など、避けられないこともありますからね。

 

 

ここでは「うわ、クマがやばい…」という時に参考にしたいメイクのポイントについてご紹介します!

 

 

 

メイク前の保湿をしっかり

 

お肌が乾燥するとメイクのノリが悪くなり、メイクが崩れしやすくなってクマを目立たせてしまいます。

 

 

そうならないためにも、メイク前の保湿はしっかり行いましょう。

 

 

顔を洗ったら化粧水でたっぷり保水して、シートマスクで更に保湿しましょう。

 

 

女優さんやモデルさんは、撮影の前に1時間とかかけて保湿・マッサージを行う人も少なくないそうですし、下準備はかなり大事ですよ☆

 

 

シートマスクを外したら、美容液やクリームで仕上げましょう。

 

 

 

化粧下地やコンシーラーでカバー

 

目のクマが青クマの人は、化粧下地やコントロールカラーでクマをカバーしていきましょう。

 

 

パール入りのものなら、肌に当たった光を拡散してくれるので、クマが目立ちにくくなります。

 

 

黒クマ・茶クマの人は、ファンデを塗った後にコンシーラーを重ねていきましょう。

 

 

厚くぬりすぎないように注意しながら、ポンポンと乗せるようにしてつけてください。

 

 

厚く重ねてしまうと崩れやすくなってしまうので、薄く薄く・・・ですよ^^

 

 

自分の肌に合うコンシーラーの色味が分からない・・・という人は、メイクカウンターで相談して選んでもらいましょう。

 

 

乾燥肌の人は、ファンデや化粧下地にフェイスオイルを1滴混ぜて塗って、お肌をしっとりさせましょう。

 

 

 

目元にパウダーは使わないようにする

 

仕上げにフェイスパウダーを乗せるという人は多いと思いますが、目の周りにはパウダーは乗せないようにしましょう。

 

 

フェイスパウダーはテカりやすいTゾーンやおでこだけにしておいて、アイシャドウはクリームタイプをチョイスするのがおすすめです。

 

 

そうすることで目元が粉っぽくなってシワが目立つのを防げますし、時間がたってアイシャドウが目の下に落ちてくるのも防げます。

 

 

 

 

キレイな目元をキープするために、これらのポイントを押さえてメイクしてみてくださいね^^

 

 

 

 

 

関連ページ

目のクマを解消するには表情筋を鍛えよう!
表情筋を鍛えて目のクマ(黒クマ)を解消!
眼精疲労が目のクマをつくる!眼精疲労を予防・解消する方法
目のクマの原因である「眼精疲労」を予防・解消する方法

ホーム RSS購読 サイトマップ