目のクマの原因と治し方まとめ

目のクマができやすくなる間違ったスキンケア

目のクマができやすくなる間違ったスキンケア

 

 

目のクマがどうしても治らない…という人は、目のクマをできやすくする&悪化させるようなスキンケアをしているかもしれません。

 

 

ここでは、目のクマができやすくなる間違ったスキンケアについてまとめてみました!

 

 

普段のスキンケアを振り返って、セルフチェックしてみましょう☆

 

 

 

目のクマができやすくなるスキンケア

 

摩擦

 

肌をこすったり、摩擦になるようなスキンケアは茶クマの原因になってしまいます。

 

 

スキンケアに熱心な人ほど、ピーリングやパッティングなどの肌に摩擦になるケアをやりがちです。

 

 

ピーリングをする時は優しく優しく行うようにして、週に1〜2回程度にとどめておきましょう。やりすぎると肌を痛めてしまいます。

 

 

パッティングをする時も、コットンでやると肌が傷つきやすいのであまりオススメできません。

 

 

特に目元の皮膚はデリケートなので、コットンが刺激になってしまうからです。

 

 

それでもどうしてもパッティングが欠かせない!という人は、目元を避けてそーっとやるようにしてくださいね^^

 

 

 

過度なマッサージ

 

マッサージも、やりすぎると逆効果になってしまいます。

 

 

特に目元の皮膚は薄くて伸びやすいので、力を入れて引っぱるようにマッサージしてしまうとたるみの原因になってしまいます。

 

 

なので、マッサージはツボ押し程度にしておいて、自分ではあまり触らないことをオススメします。

 

 

目元の血流を促したい時はホットタオルやホットアイマスクを活用してみましょう☆

 

 

 

エイジングケアをしていない

 

目のクマ、特に黒クマは加齢による皮膚のたるみが原因でできるので、黒クマを作らないためには、20代半ばになったらエイジングケアが必要です。

 

 

保湿だけしていても皮膚のたるみは進んでしまいますから、20代半ばを過ぎたらエイジングケアを始めていきましょう。

 

 

25歳頃から肌のコラーゲンは減り続け、肌のハリ・弾力は失われてきます。

 

 

減ってしまったコラーゲンを増やすスキンケア(下記参照)を取りいれて、肌のハリ・弾力を取り戻していきましょう。

 

肌のコラーゲンを増やすエイジングケア:
・ピーリング
・有効成分(レチノールやビタミンC誘導体)でケア

目のクマをできやすくするスキンケア:
・摩擦になるスキンケア
・過度なマッサージ
・エイジングケアをしていない

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ